セフレ掲示板を利用した体験を糧にしてセフレの作り方を学びました

 中学そして高校と、男子校に通っていた愚かな俺。
だから、女の子のいる環境で生活したいと思うようになりました。
そこで、一念勃起…んにゃ、一念発起!!
共学の大学に見事に入学を果たしたのです。
自分を、自分で思い切り褒めてしまった瞬間でした。
これで、俺にもバラ色の人生がやってくる。
女の子とお付き合い。
彼女とセックス尽くしの日々。
しかし、こんな妄想は、脆くも砕け散ってしまったのです。
彼女ができない。
大学2年生になった今でも、恋人ができないのです。
不満を抱えた俺のチンポコは、今にも爆発寸前状態。
オナニー生活にも退屈さを感じ、セフレを作りたいと思うようになっていきました。

 

 ネットの世界はまさに、パラダイスな部分があったりするわけです。
無料で使える女の子と知り合える、セフレ掲示板を見つけてしまったんです。
都道府県別で相手を見つけられる、魅力たっぷりのセフレ掲示板は、女の子の投稿がイッパイあるんです。
そのセフレ掲示板の利用者は、みんな写メ掲載していて、どれもこれも魅力的な人ばかり。
不満&童貞の俺は、心を激しく乱してしまったのでした。
これはもう、セフレ掲示板の利用以外考えられない、そんな思いに囚われてしまっていたのでした。

 

 個別にメッセージを送れるようになっていたため、熱い気持ちを書き込んで、相手に送信してみました。
すると、光の速さで返事が届き、メールを開封。
そこには、全く見知らぬ出会い系サイトに登録が完了と書かれていたのです。
なるほど、これはセフレ掲示板でメールを送った女の子が、俺を招待したに違いないと瞬時に判断しました。
さらにその登録された掲示板で、メールが届いていると言う通知までやってきてしまったのです。
ウハウハしながら、メールのやりとりを始めました。

 

 セフレ掲示板から登録されてしまった、その出会い系サイトの中でもメール交換は、とても順調。
俺のチンポコで快楽を得たいと考えてくれている。
ただし、心の整理が付くまでは、しばらく待って欲しいとのこと。
チャンスを逃すまいと、夢中でやりとりに精を出しました。
しかし、かなりの期間が過ぎても、待ち合わせにはならない。
個人的な連絡先交換にすらならない。
気が付けば2万円近くも、ポイント消費をしてしまっていて、さすがに焦りを感じました。

 

 セフレ掲示板から登録された出会い系サイト、そこで女の子と夢のような、めくるめくメール交換に励みました。
そりゃ、頻繁に、まさにレスポンス良く返事が返ってくるのですから。
俺、すっかりその気で、チンポコをおっ立ててやりとりに夢中になっていたんです。
はたと気が付けば、即会いだと思っていたのに、2万円というポイントを消費してしまっていたのでした。
大学生の懐に、この出費は痛過ぎる。
結果、連絡先交換にすらなりませんでした。

 

 詐欺サイトの入り口だと、俺に事情を話してくれたのは、高校時代の部活の後輩です。
この後輩は、別の大学の一年生。
ダミーサイトとしてネットに設置してある、とっても悪質な出会い系サイトの入り口になっていたのだそうです。
セフレ掲示板に、まんまと騙されてしまったのでした。
無料で出会いを探すことは、ネットでは軽挙妄動だとまで、後輩にいわれてしまったのでした。

 

 ブサメンなのに、後輩にセフレがいることが分り、荘厳なまでのショックを受けてしまった俺。
しかし経験者は、如何にしてセフレを作っているものなのか?
その、ブサメンの彼のセフレの作り方が、気になりだしてしまったのです。
先輩の威厳を消し去り、後輩に弟子入りすることにしました。

 

 後輩は出会い系サイトに登録をして、そこで活躍をしていることが分りました。
危険のない出会い系サイトに登録することこそが、セフレへの第一歩になるそうです。
さらに、ポイント消費を防ぐ&より確実な攻略方法を彼は語り尽くしてくれました。
LINEで、テレフォンセックスに励むという方法。
一見肉体関係とは、かけ離れているように感じるけれど、実は最適な攻略方法なのが、彼の話を聞き理解できたのです。
瞬く間に、出会い系サイトに登録したのは、推して知るべしです。

定番サイト登録無料

サクラが一切いない掲示板が多数!

 

 

名前:拓篤
性別:男性
年齢:20歳
 俺、中学の頃から男子校通い。
高校も同様に、男子だらけの学校で生活をしていました。
さすがに、これはまずいと思い、大学は共学にしたのは良かったのですが、溢れる女の子たちがいるのに彼女ができない。
今度は生殺し状態を味わうようになりました。
魅力的な、エッチなボディの女の子が直ぐ横にいるのに、全く手を出すことができない。
逆に強烈な不満を覚えてしまったのです。
非モテでもあるけど、セフレなら一発ぐらいは何とかなるのでは?
俺の妄想は激しさを増していきました。

page top