セフレの作り方を覚えて週に2回〜3回とエッチをしています

 美優紀ちゃんのDカップの乳房は形も良く、弾力も素晴らしいものでした。
薄いピンク色の乳輪の大きさも、俺の心をくすぐりまくる状態。
湯船に浸かり、初めての女の子のオッパイの感触を楽しんでいく。
もち、チンポコはギンギラギンにさりげなくです。
「私のオッパイ、どんな感じ」
「凄く柔らかくて温かくて…エロい」
「拓篤くんのも、おっきくて硬いね」
いたずらっぽい笑顔を見せながら、チンポコを手コキしてくる。
ガチ、あかん程の卑猥気分。
その後、お互いの体を洗いあう。
そしてバスルームを出て、バスタオルで体を拭きあう。
ついにベッドルームへ移動でした!

 

 やおら始まる美優紀ちゃんのフェラが、あまりにも気持ちよすぎて、背骨をすっぽり抜かれたような状態でした。
「ふふっ、若い男の子のオチンチンは、本当に美味しいな」
サオをしゃぶりながら、タマを手で転がす、次第に俺のアナルを刺激するようにもなっていくのです。
そして、アナルを舐められてしまう。
あっか〜ん!!!!
「今度は私の体を気持ちよくしてくれる?」
ひたすら頷く俺。
開脚させオマンコもくぱぁして、思いっきり観察。
彼女の臭いを嗅ぎながらクンニ。
「はぁ…ああっ、いいのっ、そこ…あん」
艶やかな吐息に、俺の全身の毛穴が開くような感じ。
もう我慢限界になっちゃって、彼女の肉壷にチンポコを近づけていきました。
なんと美優紀ちゃん、手でガイドまでしてくれちゃって、無事にIN!!
めっさ気持ちよくて、必死にピストン運動。
童貞ですからね、発射はかなり早かったんですけど、でも怒られませんでした。
美優紀ちゃん、ありがと〜〜〜〜っ!

 

 高校時代の後輩、一ノ瀬から教えてもらったセフレの作り方で答えが出ました。
6年間も男子校に通っていて、女の子と仲良くなれなかったけれど、出会い系サイトでセフレ探しをして、童貞卒業させてくれる年上の人と出会いました。
初体験以降、美優紀ちゃんとの関係は継続中。
「テクニックが、だんだんついてきたね」
最近、よく褒めてくれるんです。
魅力たっぷりの看護師さんの蜜壷で、俺の青春は常に大爆発状態。
多いときで、週に2回〜3回も待ち合わせしてしまってるんです。
もう手放せない気分と共に、新しいセフレ募集もと、頭の中では考えてしまっていたり。
PCMAXだって、Jメールだって、安全だから女の子がイッパイいる。
相互オナニー相手を探すのも楽勝。
これからの、俺のセックスライフは確実に、充実したものになるはずです。

定番サイト登録無料

サクラが一切いない掲示板が多数!

page top